誰が勤まるのか

人には向いている仕事と向いていない仕事があります。もちろん家庭教師に関してもそれが言えますので、今後家庭教師をするつもりの方は事前にこの記事を呼んで自分と比べてみると良いでしょう。まずは家庭教師に向いている人がどんな人になるのかという話からします。家庭教師を利用する場合、多くの方は勉強嫌いな子どものために契約します。つまり、一度勉強を教えても一回では頭に入れてくれない可能性は非常に高いでしょう。なのであなたは何回も何回も子どもに同じ勉強をしてあげることになるはずです。普通のやり取りならとてもイライラすることですが、相手は勉強嫌いな子どもですから、そこは大きな器が持てるような人でないと、家庭教師は務まらないかと思います。時間をかけて一歩ずつ子どもに寄り添い、問題を乗り越えていくというのが心得るべきスタンスです。では逆に家庭教師の仕事が向いていない性格の人はどんな人になるのか?これはすごく簡単で、自分の感情をコントロール出来ない人です。つまり感情的になって言葉を発するような人や、元から短気だという人にはまず向いていない仕事だと言えるでしょう。相手はあくまでも勉強嫌いな子どもなので、あなたが思うようにいかなかったとしても、そこにイライラして子どもに気持ちをぶつけることは非常によろしくありません。ちょっとでも嫌われるようなことがあれば、あなたの家庭教師としての仕事が無くなる恐れもありますので、感情のコントロールが出来ない人は避けて通るようにしてください。