誰が勤まるのか

向いている人と向いていない人の特長を軽く挙げていきます。家庭教師になる上では重要な要素の一つなので、是非今の自分と比較してみてほしいと思います。あなたは大丈夫でしょうか?

信頼を獲得しよう

重要なのは、やっぱり信頼関係です。子どもとの信頼関係を構築できれば、あなたの授業を快く聞き入れてくれるようになるでしょう。スムーズに仕事をする上では欠かせないことです。

腕をくんでいる男性

恥ずかしくないように

エンジニアの転職を考えているならこちらをチェック。あなたの実力・実績を生かしましょう。

家庭教師も立派な接客業ですから、もちろん最低限のマナーは心得ておく必要があります。人の前に立っても恥ずかしくないような姿で常にいることを忘れないようにしてください。では具体的にはどのようなマナーを家庭教師は常に考えておく必要があるのか?というと、まず家庭教師は毎回必ず人の家に訪問することになりますよね。その都度絶対に親と遭遇します。ということはあなたの容姿をがっつり見られてしまうわけです。その時にもし「なんか服が汚れてる…」とか「靴下に穴が空いている…」とか「なんかちょっと臭い…」と思われてしまったら、もうあなたの信頼度は限りなく低くなってしまうでしょう。最悪の場合は契約を切られてしまいかねません。普通のしっかりした人であれば、特に何も意識しなくても良いですが、家庭教師の中にもたまにだらしない人が存在します。だからあなたはけして悪い印象を相手に与えるようなマネだけはしないようにしてください。そして親と会ったら元気よく挨拶も交わすこと。特に初めて家庭教師のアルバイトをするという方はついもじもじしてしまいがちですが、お客さんが求めているのは爽やかな家庭教師ですから、アルバイトをし始めたら爽やかさを全面的に出すようにしましょう。家庭教師のアルバイトは今でも特に必要な資格がなく、誰でもアルバイトに挑戦できるようになっているので、人に教えることが好きな方や、子どもが大好きな方はさっそく家庭教師のアルバイトを始めてみてほしいと思います。

どんな流れで働く?

これから初めて家庭教師として働く場合に、どんな流れで仕事をしていくことになるのかを簡単に説明していきましょう。ここを参考に、将来のライフスタイルを思い浮かべてみてください。